うみのこの1年間(年間活動計画)

うみのこでは、年間を通して、晴れたら海や森に出かけます。

野外活動で思いきり身体を動かした時間の後は、落ち着いた時間を作ります。

静と動のリズムの中で、自分たちの生活を自分たちで作っていけるように毎日を過ごします。

41466957_521642924925702_8558387713613496320_n.jpg

野外活動・室内活動ともに、理念は「子どもと共につくる保育」です。

子どもたちとの毎日の話し合いを大切に、暮らしを作っていきます。

わらべ歌や手遊びなどで安心できるリズムを作りながら、毎日の雑巾がけや身支度をはじめ、自分のことは自分で行うことができる子どもを育てます。調理や大工仕事の際も、子どもの発達に合わせた本物の道具を使います。

野外活動で体験する季節ごとの変化・発見をベースに、表現・創作活動を行います。

季節ごとの行事も、イベントとして1日だけ実施するのではなく、絵本や歌、手仕事などの準備も含め、時間をかけて日常生活の流れの中に取り入れていきます。

大人が「教える」よりも、実体験をもとに子どもから湧き出るものを引き出しながら絵を描き、創作し、ときには劇や歌をつくり、共同画や大きなものづくりも行います。

自然体験の中で気になることがあれば、「八百屋さんに聞きに行こう」「図書館に調べに行こう」など、活動の自由度が高いのも、小規模園の魅力です。

週に一度、畑で活動し、季節の食材を使って「みんなで作るご飯の日」を設けることで、食べることが好きになるのも、楽しみです。