子どもレストラン、はじまるよー

42f39b6dc57b7484c54910dbe0247f13_05c80b6c363d9ee95a58715c0f31338d.jpg

 

4月から毎月末の金曜日、うみのじどうかんで「子どもレストラン」を開催します!

月に1度、子ども料理教室で習った料理を、家族やお友達に月末の「子どもレストラン」でお披露目という運び。固定のメンバーで月に2回集まる、お楽しみクラブです。

 

先生は、とびうおクラブメンバーの母ちゃんであり、これまで長年、大人向けのパン教室・お料理教室を主宰していた中村佐和子さん。そっかの事務局では会計を務め、自宅では親子合わせて50人以上(!)の夕飯会を主宰し、3年生&5年生の子どもたちと共にスペインに親子留学→世界旅行をしちゃう、朗らかでちゃきちゃきの女性です。

「実は、子ども向けの料理教室をするのが夢だった」

という彼女があたためてきた構想が、この春に逗子で花開きます。

 

 

体験会で子ども8人が作ったのは、親子丼。

とびうおクラブの子どもたちが海で育てたワカメのサラダも添えました。

とろとろ卵のコツは「3/2の卵を流し入れて、蓋をしたら10秒!開けたら残りも入れようね」。

お出汁を取るところから自分たちで作る親子丼の味は、格別です。

「3、2、1・・・ オッケー、蓋を開けて!」

「おお〜。美味しそう」

「うま!うま!」

楽しそうに、美味しく、みんなで完食。

「これを今度は家族のために作れそう?」と聞くと「やるー!」と声が揃います。

 

 

子ども料理教室と、子どもレストラン。

参加するのは、とびうおクラブの子じゃなくてももちろんOK!お友達と一緒の参加も大歓迎です。

たくさんの笑顔と「この町はおいしい」の実感が生まれる場になるといいな。

 

以下、そんなレストランを作っていく中心メンバーの募集要項です。

 

*子ども料理教室、子どもレストランの詳細*

https://tanepan.storeinfo.jp/pages/1770261/page_201803222058