海のじどうかん
庭に井戸を復活させて、畑やウッドデッキも作って、入り口には古本交換 BOX も。 そんなじどうかんイメージ図を塗り絵にしたら、子どもたちも大喜びで配りはじめました。

 逗子には行政が提供する児童館がありません。
あったらいいのにな、と嘆くひまがあったら…
作っちゃったほうが早いかも!
ならば名前は海がある町に暮らす僕ららしく…
「海のじどうかん」にしちゃおうか!
というわけで、借りちゃいました。

町の子どもと大人の実践の場であり、
願わくば居場所として育んでいきたい拠点を。

「どんな場所にしたい?」

果樹はすでにたくさん植わってるよ。
びわ、キンカン、三宝柑、夏みかん、さくらんぼ、杏、梅、柿。
ないのは、栗くらい?
初めての人も立ち寄れるよう、本の交換箱を入り口に置こうか。
井戸からの動線は、みんなの畑に。
反対側には、ボードラックを。
洗って落とす砂を水路に詰まらせないように、
砂をためる池の堀を作って、カニを飼ってたらどうかな。
西側南側にはデッキをつくろう。
ニホンミツバチの巣箱の周りにはグリーンを。
映画上映のスクリーンはどこに立てる?
放課後や長期休暇、どんな風に運営しようか?

海のじどうかん
たくさんの果物

ワクワク広がる、「海のじどうかん」!
妄想は数あれど、詳細は、まだ何も決まっていません。

逗子では、2017 年 4 月からゆっくりと、時間をかけて手作りしていきます。
オープンワークショップなど開催するときは、当ウェブサイトの ブログページ でお知らせします。

あったらいいなを、みんなで作る。
子どもの遊び場作りから、地域の自然と暮らしを紡ぎ直す。

本気を出せば、みんなでやれば、
誰でも、どこでも、できること。

あなたの町でも、はじめてみませんか?

 

じどうかん作りへのご参加は
海のじどうかん」をご覧の上、
”そっか” ウェブサイトおよび
Facebook ページ にて
詳細をご覧ください。

逗子の「海のじどうかん」は、
日本財団「海と日本」プロジェクト の助成で
運営しています。


日々の活動

 
 

インスタグラムで #海のじどうかん の写真がみえるよ